img_01

看護師の求人が解消しない背景

現在では全国の医療機関から看護師の求人広告が日常茶飯事のように出ていますが、一向に減少していく気配が見えません。

求人広告が無くならない要因には、高齢化社会の進展があることは間違いが無く、高齢化に伴って病院に通う高齢者が増加し、比例するように看護師に対する需要も拡大しています。
現状は、需要の増加に供給が追いついていないのが実態であり、供給体制を整えることが求人問題の改善のための核にもなっています。



それと、看護師不足を助長する結果につながっているのが、老人保健施設の増加です。



高齢化社会によって各地に様々な介護施設が建設されていますが、その中に老人保健施設があります。



老人保健施設というのは治療や入院の必要はありませんが、介護とともに看護の必要な人が利用する施設であるため、入居している高齢者に対して日常的に投薬や点滴などが行われています。
そのため必然的に、看護業務を行えるスタッフの存在が欠かせません。

さらに、高齢者の自宅を訪ねる訪問看護ステーションも数多く設置されるようになり、そこでも医師の指示のもと、医療補助行為を行うスタッフが必要なことから看護師の求人が数多く発生しています。

その他、医療施設だけではなく、民間企業においても労働安全衛生法に則って社員の健康管理に重点が置かれるようになり、産業医や産業看護師を配置するところが多くなっています。

このような社会環境の変化によって、看護という業務の多様化していることが人員不足の解消を困難にさせています。